カット野菜を使った野菜不足の改善法

カット野菜を使った野菜不足の改善法

カット野菜を使った野菜不足の改善法

一日の野菜の目標摂取量は350g以上ですが、厚生労働省の調査では平均で100g足りていないのが現実です。
日本人は野菜が足りていない人が多いのです。昔ながらの和食を食べる人が減り、洋食やお肉中心の食事になったり、忙しいからと外食が増えている人が多いのです。

 

野菜不足は身体に良くありません。
野菜には多くのビタミンやミネラルなどの栄養素が入っており、不足すると酸化してしまい肌や身体の老化が進みます。
それ以外にも免疫力の低下を引き起こし、ちょっとしたことで感染症などを発症しやすくなったり、高血圧、便秘など、身体の様々な不調をきたしてしまうのです。

 

野菜不足の改善法は、とにかく野菜を意識して食べることですが、忙しくて自炊できない人もいます。
そういう場合に便利なのがカット野菜です。

 

丸ごと野菜を買ってきて、包丁で切ったり、ザルに入れて洗ったりというのって面倒ですよね。
それが理由で料理しなくなったりした人も少なくないんじゃないでしょうか?

 

カット野菜は、そういう問題を解消してくれます。包丁がなくても、
スープにちょっと入れたり、ピザ生地の上に散らしてレンジで焼いたりと、簡単にちょっとした料理ができます。

 

ランチにピッタリな小さいサイズもあるので手軽に購入できます。その際、キャベツだけとかレタスだけではなく、パプリカやブロッコリー、カボチャなどの緑黄色野菜が入ったものを選ぶとより身体に良いのです。

 

これだけで、普段食べない野菜を摂ることができ、格段に栄養の種類をアップしてくれます。

 

カット野菜を上手に利用し、意識して食べるように気をつけることが大切です。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ